タグ:シュトレン ( 2 ) タグの人気記事

二年目(作るの2回目)のシュトレン

  シュトレン自信作 (シュトレーン? シュトーレン?)

シュトレン、作るの2回目、しかも 一年ぶり。 フルーツケーキや スパイシーなケーキが苦手って、言いながら去年はクリスマスイブに あわてて作ったんだった、、、。 今年は 余裕があるので、じっくりとレシピを 研究する。 まずは その出来栄えをどうぞ
d0070797_125976.jpg
d0070797_1322100.jpg

ムチャクチャいい香り。 ミックスフルーツとナッツと、少しのスパイス、バターが入り混じってる。 どっしり重い。去年のものとは 比べ物にならないくらい、美味い。 一個目の最後の一切れを 10日目ぐらいで 食べたけど、ウマイ♪

これなら、っと、会社に持って行き、8人ぐらいに 配る。 Aさんに配るんだったら、Bさんにも・・・とか、気を遣うなぁ
  「仕事しろよっ」「余裕ありすぎじゃん?」・・・
  『う~ん、そういうレスじゃなくて、違うのないの?』

動揺してたら 端っこ(はじっこが おいしいのに)を 3切れぐらい落とした :( 
  「大丈夫よ、今日、カーペット掃除してくれるから」
  『う~ん、そういう問題じゃなくって・・・(涙』
意外に自分は小心者だった、、、 あげる相手は、もっと選ばなきゃ

一ヶ月以上前から ラム酒に漬けた レーズンやドライフルーツ、軽くローストしたクルミやアーモンド。アーモンドパウダー。大成功でないの? ホントの味知らないけど ^^; 相変わらず小麦酵母(ルヴァン種)を使ってます。 このシュトレンは 自家製酵母がぴったり合う感じ。 250gぐらいを 3つ作った。 具は中身に対して 100%入れてる。 バターが富澤で欠品で、発酵バター使えなかったのが残念。 よつ葉の無塩バター使ってます。 一つ目は家で消費。二つ目は会社で消費。三つ目は会社に飾ってあるけど、会社は金曜で仕事納め (自分はね)。 どうしよっかなぁ

【おまけ】

  スイスな日

スイスから おばさん(お姉さんって呼んでる・・・過去のシスコン日記に出てきた人)が出てきてる。 銀座で寿司 → オーバカナルでパンとコーヒー。4時間ぐらいのコース。 よくしゃべる。 フランス語で書かれたパン作りx300レシピ、生チョコ、ツリーの飾りチョコをもらった。 フランス語のレシピ、結構 想像で 作れそうな感じ。 シュトレンをあげられれば いいのになぁ

  キウイ x 47個

今年は 大量。 パーゴラ(ウッドデッキの屋根ね)にかけた 3本のメス&1本のオスから 47個。 リンゴと一緒の袋に入れて追熟しながら 会社で フルーティな香りをさせてます、、、

  Wii Fit 挫折中

毎日 宴会&午前様。 睡眠時間<3時間。 無理じゃ~ぁ .zZ
[PR]
by wavelet_2006 | 2007-12-21 01:04 | その他 天然酵母パン

ほうれん草のパン・ド・ミ たい焼きのしっぽパイ インスタント・シュトレン

年の瀬のあわただしい日々。足跡ばかりつけて、コメントあまり残せず 申し訳ありません m(_ _)m いろんな人の日々から元気をもらってます。ありがとうございます :)

 Holidaysがみなさんにとって楽しい日々でありますように・・・

 ほうれん草のパン・ド・ミ(イースト) ☆☆☆☆
d0070797_2243287.jpg

これは うまい。皮がキレイな薄い茶色で、上品なパン・ド・ミの味がする。層を成すほうれん草が いい具合に水分と香りを出してる。ドライトマト・パン・ド・ミと一緒に作れば クリスマス・カラーだったのに :D カイザー・トラディショナル、はじめて使った粉。とりあえず大成功♪

レシピはコムシノワ・ベーシック。あかねさんのオススメ。水分の多い生地の扱いを経験し、ほうれん草の安売り(一束 68円)に出会ったので 作ってみた。ポイントはほうれん草の混ぜ込み方。捏ねるとほうれん草が痛んでしまうから、生地にほうれん草を載せて、半分に切って重ねる、を繰り返していく。面白い。面白いけど大変すぎ。ほうれん草の量が生地に比べて とても多く感じる。出来上がりは ほうれん草が層になり、いい感じ。出来上がってしまうと、ほうれん草の量もちょうどいい :)
d0070797_22434515.jpg
d0070797_2244338.jpg


ただ、釜伸びが あまり無かった、二次発酵で7~8割まで膨らんでたのに、そこからほとんど伸びていない。イースト、しかも古いから? 水分が多くて しっかりパンチ&丸められないから?

焼き立てがおいしい。*かなり*おいしい。日が経つにつれて ほうれん草の香りがなくなる。皮がパリっとしなくなる。水分が85%+油分が6%。作るのは大変なので 気合いが入った時のパンに決定

 たい焼きのしっぽパイ(リンゴ酵母) ☆
d0070797_22443139.jpg

捏ねないパン(水分量100%)、折りたたむのが大変なので、『折りたたまないで焼いたらどうなるのかなぁ』って 思ったら、パイになりました。真ん中が膨らまない、、、焼成温度が260度と高かったので、膨らもうとする前に 表面が固まってしまったのかも。南部小麦なので たい焼きのしっぽの味。ケーキカットしてパウダーシュガーを振り、小倉あんをかけて食べる。う~ん、ひと切れでいいや :P

あ、も一つ失敗した、、、初めて鍋に生地がくっついた。
d0070797_22454748.jpg

パイの下が 完全にはがれた。下に粉振らなかったから。今まで 横にくっつくことがなかったので、下も大丈夫だろうと思ったら 大間違い、、幸い、お湯を沸かしたら コゲは 簡単に取れた。また経験値ア~ップ ^^

 インスタント・シュトレン(レーズン酵母) ☆☆
d0070797_2246911.jpg

食べたことない、作ったことない、・・・、いつまで言ってても仕方ないので、作ってみた。ミックスフルーツ(へんな添加物の入ってないもの、オレンジピール、レモンピール、サルタナレーズン、レーズン、カレンツなどなど)、アーモンドプードル、パウダーシュガー、スーパーカメリアなど、近所のスーパーでそそくさと買って土曜の夜(日曜の深夜1時)仕込み開始。レーズン酵母中種法で一次発酵12時間、二次発酵3時間。成形はビゴで見たのを参考に。233gx4個。貝みたいな単純な形。どうにかクリスマスイブに間に合った :)

焼いてる最中から いい香り。スパイシーな香りは苦手なので、ギリギリな感じ。窓全開&換気扇。焼け焦げたレーズンを取り去ってから澄ましバターを塗り、キビ砂糖をかける。冷めてから粉砂糖を振る
d0070797_22463374.jpg

出来上がりは 予想より、固め。水分が少ないから。二次発酵で膨らんだわりには しっかりしてる。紅茶が欲しい感じ。甘みは それほどではない。粉砂糖を もっとかけてもよかったかもしれない。具は2倍ぐらい入れてもいい。成形大変になるけど

クリスマスの今日も仕事。シュトレンは 一個だけ会社に飾ってあります。食べたいって言われたけど、もう少し飾る予定 ^^;

おまけ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年末はニューヨークがテレビによく出てくる。日曜日のザ・ノンフィクションでやってたのは ニューヨーク20年在住のシングル・マザー。ラテンダンサーの娘を育てるため、$2,000.-の月収で$1,500.-の家賃ってスゴすぎ。一週間分の食材をチャイナタウンで$40.-で買う。それって相当切り詰めてる。夜は ニューヨークでも活躍した、ソプラノ歌手の森麻季をやってた。華奢な体つきなのに声(実力)で渡り歩いてるのは素晴らしい。ちょっと腕を磨いて あっちの実力世界に飛び込みたくなったよ

今日のお昼は 新入部員を連れて 土佐料理の祢保希(ねぼけ)でランチ。ここのカツオのたたきは旨い。ただ、スライスにんにくが利いてるので、お客さんと会う前は注意 ^^; なかなか実現していなかったパン作り部会は、幕張でやることに決定

頼まれてる3月末の大きなイベントも場所と日程が決定。来年も忙しそうだぜよ :D
[PR]
by wavelet_2006 | 2006-12-25 22:48 | 角食 山食 バタートップ